お家で楽しむベトナムコーヒーの淹れ方

スポンサーリンク



こんにちは、コーヒー好きのサカシン(@Shintaro_Sakata)です。

みなさんベトナムコーヒーはご存知ですか?

ベトナムコーヒーとは、ステンレスやアルミのフィルターで抽出するコーヒーに練乳(コンデンスミルク)を入れて飲むコーヒーのことです。

実はベトナムは世界のコーヒー輸出国ランキングで二位で街中にもオシャレなカフェがたくさんあり、家でもコーヒーを楽しむ方が多いです。

今回は自分も大好きなベトナムコーヒーを紹介させていただきます。

 

 

ベトナムコーヒーの淹れ方

まずはフィルターを用意します。

このフィルターはベトナムのスーパーで買ったものです。

日本でもAMAZONや楽天で買えます。

コーヒー豆は家にあったベトナムでNO1のコーヒーTRUNG NGUYEN(チュングエン)コーヒーを今回は使います。

開けてみると独特のバニラのような濃く甘い匂いがします。

TRUNG NGUYEN(チュングエン)コーヒーも前はベトナムから買ってきて飲んでいたのですが、最近では日本でも買えるようでありがたいです。

 

そしてベトナムコーヒーの特徴の一つである、甘いコンデンスミルク(練乳)をコップに入れておきます。
好みで量を調節してみてください。

フィルターをコップの上にのせ、

コーヒー豆を入れます。

コーヒー豆の量はスプーン大さじ2杯分くらい入れていますが、目分量で大丈夫です。

そしてコーヒー豆の上に内フィルター(正式名称わかりません笑)を乗せて

 

お湯を注ぎます。

お湯を注いだらフタをして抽出が終わるのを数分待ちます。

ゆっくりコーヒーが落ちてくるので、待つ時間を楽しみましょう。

そういえば、留学時代ベトナムでスコールにあった時は、雨宿りの為に近くのカフェに入って外の雨をみながらゆっくりとこのようにコーヒーを待っていました。なんとも言えない素敵な思い出です。

少しずつコーヒーが入ってコップにたまって行きます。

コーヒーの黒とコンデンスミルクの白が綺麗ですね。

そしてコーヒーの抽出が終わったら、フタの上にフィルターをおいて、

スプーンでコーヒーとコンデンスミルクをかき混ぜたら完成です!
濃いコーヒーと甘い練乳が絶妙で最高です。
是非是非みなさんもベトナムコーヒーを楽しんで見てください!
それではまた!

 

スポンサーリンク







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です