家でお酒を飲むのをやめてみた!家飲みをやめてよかったことやメリット

スポンサーリンク



こんにちはサカシン(@Shintaro_Sakata)です。

皆さんお酒は好きですか?

僕はお酒が好きなこともあり基本的に毎日家でビールやワインなど毎日飲んでいましたが、先月から家でお酒を飲むのをやめてみました。

ちなみに家飲みをやめてみた理由は、結構なんとなくな感じで「まあ毎日飲むのって体に良くないなあ」とか「筋トレの効果もっと出したいなあ」とかそんなことです。

今回は僕が家でお酒を飲むのをやめてみてよかったことやメリットなどをまとめてみます。

 

家飲みをやめて良かったことやメリット

家での活動時間が増えた

家でお酒を飲まないことで他のことをする時間がもっと取れるようになりました。

本を読んだりブログを書いたり勉強したりといろいろ捗っています。

お金が節約できた

単純にお酒代がかからなくなりました。

そして家でお酒を飲むときって、お酒だけ飲むってことはほとんどないですよね。

それに合わせたお菓子やおつまみを買わなくなったりもしました。

また、お酒は食欲増進の効果もあるので、お酒の暴食で余計に使っていた夕食代なども削減することが出来ました。

顔がむくまなくなった

お酒を飲まなくなることで顔がむくまなくなりました。

もともとむくみやすい体質なのもあるのですが、お酒を飲んだ翌朝は顔がすごくむくんでました。

顔がむくまなくなることで日中の顔をみたときのテンションダウンなどがなくなったので、個人的には結構良かったことです。

痩せた

家飲みをやめて少しやせました。

お酒を飲まなくなったのとお酒のせいで暴食してしまった面があったので、その分自然とやせたのだと思います。

深く眠れるようになった

家飲みをやめてから毎日飲んでいたころよりは深く眠れるようになったと感じています。

あと深く眠れるようになったため、朝起きるのが少し楽になった気がします。

外でお酒を飲む機会をもっと楽しむようになった

外でもっとお酒を楽しめるようになったと思います。

回数が限られれば、その一回をもっと楽しもうという気持ちが生まれて、毎日飲んでいるよりお酒を飲むのが楽しくなりました。

ちなみに家飲みをやめたからといって、外でお酒を飲む回数が増えたわけではありません。

 

最後に

いかかでしたでしょうか。

こうして考えてみると、毎日の家飲みをやめると結構いいことばかりですね。

お酒が楽しみで飲んでる人は良いですが、習慣で家で毎日飲んじゃっている人は少し回数を減らしてみるのもいいかもしれません。

それではまた!

 

スポンサーリンク







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です