外国人とのカラオケを義務教育くらいまでに習った洋楽で乗り切るための曲5選

スポンサーリンク



どうもサカシン(@Shintaro_Sakata)です!

皆さんは外国人の方とカラオケ行ったことありますか?

僕は大学が国際大学だったことから外国人とよくカラオケに行っていました。

今でこそオアシスやテイラースウィフト、調子に乗ったときはレディーガガなどいろいろカラオケで歌いますが、大学入学当初は洋楽もあんまり知らなかったし、歌ったこともなく、周りの外国人や日本人の友達が洋楽ばかりを歌う中、自分は何を歌えばいいんだと焦ってばかりいました。

しかしながら、そんな状況を僕は乗り超えてきました。

なぜなら義務教育くらいまででなんとなく習った洋楽があったから。。!

このページに検索でたどり着いた人は今カラオケボックスですごく焦っていることでしょう。

友達
(やべえ俺何歌ったらええんや)

と。

検索は「外国人 カラオケ 洋楽」「洋楽 カラオケ 乗り切る」とかでしょうかね?

安心してください。

今回は外国人とのカラオケを義務教育くらいまでに習った洋楽で乗り切るための曲を紹介させていただきます。

(ちなみに義務教育までくらいで習う洋楽は学校や英語や音楽の先生によって違うとおもいますが、そこらへんは優しい目でみてください)

 

Hey Jude (ヘイ・ジュード)

クラスのじゅん君が絶対にからかわれるやつです。

僕は中学の音楽の授業で習いました。

皆知ってるし、とにかく歌いやすい!音程もあまり変わらないし、歌詞もだいたい「ヘイジュード」なので安心の一曲です。

そして「へえーこいつビートルズ歌うなんて粋じゃねえか」とだいたい世界共通で思ってもらえます。

 

Country Roads (カントリーロード)

ジブリでもお馴染みのあの名曲「カントリーロード」

中学で習いました。

ジブリの耳をすませば(Wisper of the Heart)でも使われていて日本人にも馴染み深い歌ですね。

最悪歌詞は画面に出ている文字を追えばなんとかなります。

「へえーなかなかシックな歌を歌うじゃないか」と高評価をうけるかも?

ジブリ好きの外国人の心を捉える可能性もありです。「このあと一緒にジブリ見ようぜ!?」といろいろと使える一曲。

 

We Are The World (ウィーアーザワールド)

We Are The Worldは世界の皆が知っている名曲中の名曲。

皆で「ウィアーザワールドウィアーザチルドレン」と歌っていると確実に心の距離が縮まります。

しかしながら絶対に、使いどころを間違えないでください。

ある程度場があたたまった中盤くらいじゃないと皆ついてこれなくなります。残り20分くらが丁度いいです。

間違っても一発目では歌わないでください。

 

Top of the world (トップ・オブ・ザワールド)

カーペンターズの名曲「トップ・オブ・ザ・ワールド」

歌いやすくノリも良い曲なので、歌ってる方も聴いている方も気持ちよくなれる一曲です。

 

Stand By Me (スタンド・バイ・ミー)

ベン・E・キングの「スタンドバイミー」歌いやすくて誰でも知ってる良い一曲です。

「ダーリンダーリンスタンドバイミー!」の部分であなたは今日の主役になれます。

映画好きな友達がいたら、歌った後に映画のStand By Meで盛り上がれるのでなかなか良いですよ。

 

最後に

いかがでしたでしょうか?この曲で是非外国人との洋楽カラオケを乗り切ってください。

意外と英語や音楽の授業で習った洋楽って多いですよね。学校の勉強も役に立つもんですね。

それではまた!

スポンサーリンク







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です